2013年4月のお知らせ/舟を編む映画のこと

 4月になりましたね。
新しい季節だね。

ところで4月のお知らせです。発売日順でどうぞ。

●4/5発売ITAN13号「昭和元禄落語心中13話」
過去編も本当にクライマックスですのでもうあらすじとか言わない。
この次の号の14話で過去編は終わりです。描ききれそうでしあわせ。

ちなみに4巻は6月あたまの発売予定です。
てぬぐい付き特装版も出ますので、続報お待ち下さい。

●4/12発行の朝日新聞(首都圏版)の夕刊での
「私のグっとムービー」という映画評コーナーにて
映画「幕末太陽傳」のイラストとインタビューコラムが掲載されます。
大好きな映画について語る、というので選ばせて頂きました。
落語の色々な話がまざってちりばめられてあるお話なのですが
落語わからなくても楽しいし、わかるともっと楽しいという愉快な映画です。
フランキー堺さん演じる佐平次、他18名の登場人物をこれでもかーと書き入れました。

4/12以降、朝日マリオンコムというサイトでも全文閲覧できるようですが
イラストサイズがかなり小さいようですのでご了承下さい。
(紙の新聞の方は大きいです)


ーーー
掲載情報は以上です。

それと、三浦しをんさん原作で、挿絵をやらせて頂いた『舟を編む』の
映画のチラシにもイラストを載せて頂けるとか…?いちお描いたんですよ。
こちらは配布場所など私も把握しきれないっぽいので、運良く会えたらよろしくね。

舟を編む映画の公開は4月13日です。
ここから少し感想を話させて頂きます。
小説を読んでいない方にはネタバレになると思いますので、
気にされる方はお気をつけください。
↓↓↓

この間、ひとあし先に見てまいりましたが、色々感想をあたまでまとめたんですが

萌える

としかいいようがない映画で…おやじ・ご年配モエの方は必ず見に行った方が良い。
モエってこういうことですよ。ああ語彙がない。
原作も、ただでさえ丁寧な作りなんですが、映画も輪をかけて丁寧で
挿し絵描く前に見たかった…ってしょっちゅう思ってしまいました。
生活感の出しかたがすごく好みのタイプの映画で、
建物好きとしてもたまりませんでした。

見所は数々ありますが、食事のシーンがとても好きです。
監督さんは男性の方なんですが、
女性にはああいうふうに”うまそう”には描けないな、すてきだな
こういう風にごはん食べる事が好きなんだろうなーと何度も思いました。
それから全編に渡って溢れる生活への愛・慈しみ。
仕事すること、人を敬う事、食べる事、悩む事、全てが大切なこと
何十年も生きて来た人間にしかわからない共感がたくさんちりばまってました。

それから、主人公の馬締くんの童貞力がすごい。
松田龍平さんの役柄への咀嚼力がはんぱないってことなんでしょうが
あんなに男前な俳優さんが、あんなに童貞オーラ出せる事がすごい。
で、そんな男が唯一恋をして結婚して愛する人ができて童貞じゃなくなってく感じも
画面にしっかり刻まれてるんですよ。馬締くんの一生を見守れた感じ。
目線の泳ぎ一つで笑いが作れる、希有な役柄だったと思います。
よくあんな馬締っぽい銀縁メガネみつけてきたよ…

ともかくいい映画でございます。
私、絶対また自分でも見に行きますよ。なにしろ建物が素敵だし。
馬締くんのマグカップにもぜひご注目ください。
はーもえるわ…

試写にはしをんさんと編集さんと見に行ったんですが、いい映画だったーと
放心してしまいました。そして夜は熱く映画舟編むモエを語り尽くしました。
原作小説がお好きなら、間違いなく好きだと思いますし、
見たら小説を読みたくなると思います。
世界一、と言っても過言ではない「舟を編む」マニアの
私と編集さんがいい映画だと言うんだから、間違いありません。
ぜひぜひぜひとも見に行ってね。



長くなってしまった!
なんだかまだ言い忘れがあるような…?
思い出したらまた追記します(^ρ^)






2013年 年始のお仕事(レギュラー編)「いとしの猫っ毛小樽篇・単行本」のお知らせ

 

2013年あけましておめでとうございます
今年も、雲田さんをよろしくお願いします。



まずは、雑誌シトロンのお知らせ!
2013/17発売 シトロンvol.18
「いとしの猫っ毛・小樽篇 最終話(P42
)」掲載です。
一年描いて来た小樽篇もついに最終話です。
雪の雰囲気を描くのが楽しかった。
うすずみ原稿の楽しさを知った1年でもありました。
これからますます頑張ります、うすずみ!

そしてその連載が収まりました単行本も発売です。
201321発売「いとしの猫っ毛・小樽篇」(amazon
上のイラストは、表紙の絵。
ほんとの書影は完成次第また追記します。

すでに2巻分、リブレ出版さんから単行本が出ております、
「いとしの猫っ毛」本編のみいくんと恵ちゃんは24歳の社会人で東京住まいですが
小樽篇ではお二人が17歳の高校生で小樽に住んでいた頃の話になります。
本編とは独立していて、これ1巻での完結ストーリーです。
ややこしくて、すみません。本編の途中でやっちゃったからね|´ェ`) 
でも単行本を手に取って頂いて、うしろのあらすじとか見て頂けたら
ああーってわかると思うので、ぜひお手に取ってくださいね。
猫っ毛終わっちゃうんですかって心配いただいてしまったりして
なんかもうすみません。私もせつなくなりました。全然まだです。

今回も、初回版にのみ特典(みいくんしおり)が付いてきます。

どこの書店さんで購入されても、初版にはもれなく付いてきますので
いつものご贔屓の書店さんでお買い上げ下さい。
(今回の購入特典はそれのみです。)

さらに2013年/31発売のシトロンvol.19
いとしの猫っ毛大特集2です。嬉しいな(^^)
「いとしの猫っ毛」は、本編に戻って、
またいつものみいくん恵ちゃんの安穏としたお話です。

その他豪華ゲスト様からのねこっけトリビュートや、
(このゲスト様が、第1回に引き続き豪華すぎてまじちびります。
お名前はシトロン18号にすでに掲載しておりますが、
また追ってこちらでもお知らせします。)
他にも小樽猫っ毛観光案内やねこっけ制作秘話インタビューなどもりだくさん。
そして、小樽篇の単行本についてくるみいくんしおりと対になる、
恵ちゃんしおりもついてきます。こちらも初版限定です。


ーーー

そういえばこの間、ねこっけCD(amazon)が今更ながら重版を
して頂いたんですってヤッター^v^
じわり、じわり、と販売数を延ばしていらっしゃるそうで
BLCDでこういうのはなかなか珍しいらしいですw
売り上げがよくなれば、2も作って頂けるんじゃないか…と推測しますので
是非とも支えて頂ければと思います。
わたくし、2が聞きたいので必死です…w よろしくお願いします。

いとしの猫っ毛という漫画は、まる3年になりますかな。
最近は、恵ちゃんブームが来ております。おもしろい。
まだまだ続きそうですが
どうぞ暖かくなまぬるくのんのんと見守ってくださればと思います。
ねこっけ頑張ります!|´ェ`) 〜フニャー

お正月はやっぱり年賀状を出せなくて悔しかった。
でも寒中見舞いは1月中に行けそう。
ちょっとまったってくださいね。





2013年・年始のおしごと(イレギュラー編)

こんばんは!
2012年も終わりにさしかかっておりますが、
発売間近の年始のイレギュラーお仕事のおしらせにまいりました。
(レギュラー仕事(小樽篇単行本とか)のお知らせは、あとちょっと後でしますよ)
ではではおしらせれっつらごー(^^)↓


2013/1/8発売
表紙イラストを描かせて頂きました。
中身には、まんがの音楽にまつわるインタビューも載っております。
音楽とまんが大好きライターの高野さんが、
漫画から鳴っている音楽、というテーマで一冊書上げてくださいました。
音楽が鳴る漫画とは、音楽マンガに限らないらしいのです。
はてその真意は?というご本になっております。
私もとても気になる所でしたので、すごく面白い本です。
装丁も、すごくすごくかわいいでしょ(^^)
私たちの渾身のデザインです。ぜひ愛でてってください。

他にも勝田文先生、水城せとな先生、ヤマシタトモコ先生の
インタビューも載っていまして
漫画の図版もたくさんでよみごたえたっぷり。
ぜひとも読んでみて頂きたい一冊です。

2013/1/6発売
ダ・ヴィンチ2013年2月号 三浦しをんさん特集
「三浦さんてこんなお方!」のコーナーに
コメントと「舟を編む」のイラストを
寄せさせていただきました。
三浦さんファンは必見の愛ある特集でした。
いや読んだ事無い方でも、絶対楽しいはずです。
特集を組んだ方が、三浦さんのこと大好きなんだな…っていうのが
ひしひし伝わってきました。
そしてコメントを寄せてる皆様の三浦さん愛も必見です。
ぜひぜひぜひともご覧下さい。


以上ですキャップ!お正月早々ではございますが
イレギュラーお仕事もぜひともよろしくお願いします。
高野さんも三浦さんも、ばんざーい(^^)


2012年中は大変お世話になりました。
今年、4冊も単行本が出たのですよ…?三ヶ月に一回お会いしてるてはずです。
そんなにいっぱい描いてる訳じゃないはずなのに、おかしいな。
これからも、体調を崩さない精一杯のかぎり、できるだけたくさん描きたいです。
ま、一日6時間はなんとしても寝る、という決まりを作りながらのギリギリなので
そんなにいっぱいでもないんですが(^^)
来年も楽しく漫画がかけますように。
楽しく漫画を読んで頂けますように。
2013年も雲田さんをどうぞよろしくお願いします。

それで私、毎年ファンレターを下さった方に年賀状を出させて頂いてるんですが
今回はお正月に間に合わなさそうなのです。ごめんなさい|´ェ`) 
でも1月中には、寒中見舞いという形で出させて頂こうと思ってるので
お手紙くださって、返信先のあった方は少しお待ち下さい。
ねんがじょうって、〆切りがあるとかはんぱないですよね。
もうお済みですか…?諦めないで出すといいことあるから、出すといいよ(^^)

ではでは、よいお年を^v^
はっぴーにゅーいやー^v^



2012年 12月末 雲田はるこ



サイン会整理券配布終了しました/くもすけっちneoのお知らせ




 下記サイン会の整理券配布は終了いたしました。
もらえなかったお方!
またいつかお会いできますように。
またやって頂けるようがんばります。
いつか関東以外方面でもお願いしたいものです。
地方いきたいな〜って粘り強くアピールしてみます。

もらえたお方!
炎天下どうぞお気をつけていらしてください。
ラッキーホールの感想とか、お手紙で頂けるとたいへん喜びます。
その際ご住所も記してくださるとお返事が出せて嬉しいです。
お会いできるのを楽しみにしております。


ーーー

それから、おえかき倉庫ブログを新しく作ってみました。
まだあんまり無いけど、使い方わかりきってないけど、
くもすけっちブログに置いてた絵をじわじわ移動させます。
ひっこしはもうこれで最後にしたいものだね。
タンブラーのくもすけっちNEOをよろしくおねがいします(^-^)

http://kumotaharuko.tumblr.com/
(BL絵があります。お気をつけ下さい。)


それではまたね。


















「新宿ラッキーホール」サイン会のお知らせ



7月25日発売のBL単行本「新宿ラッキーホール」(アマゾン書影出ていました)
の発売に合わせて、SHIBUYA TSUTAYAさんでサイン会を開催して頂きます。

■「新宿ラッキーホール」 発売記念サイン会

■サイン会日時:8月19日(日)13:00〜

■会場:SHIBUYA TSUTAYA 7Fコミック売場

■整理券配布開始日:7月25日(水)

■対象商品:7月25日発売「新宿ラッキーホール」(祥伝社


配布方法や問い合わせ先などの詳細はSHIBUYA TSUTAYAさんのブログをご覧下さい。

またサイン会で読者さまがたにお会いできてうれしいです(^-^)
前にやったのは2年前、ねこっけ1の時でした、、、(楽しかった思い出の回想)
どうぞお気持ちだけで、手ぶらでお越し下さいね。
でもお手紙を頂けたら、とびあがって喜びます。
(ぜひともご住所を記しておいてください)
発売日から少し時間があるので、感想なんかを頂けると、もーっと喜びます。
当日にこにこお会い致しましょう┌(┌ ^o^)┐

ーーー

無事に入稿も済ませまして、POPやペーパーも書いて、
あとは発売をまつばかりです。この時期は楽しいな〜
苦味ちゃんを、どうぞよろしくみ。
苦味ちゃん。ノリも気も良い素直なおっさんです。
よろしくおねがいします。


profile

links

selected entries

categories

archives

ブログを検索